04/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | edit

PAGE TOP

マルティン・ルターの生涯⑦ 

ルターの最期

07.jpg

 マルティン・ルターは聖職者の独身制にも疑義を持ち、 修道院の開放と多くの聖職者の結婚を勧め、自身も1525年、41歳の時に、修道女であった15歳年下のカタリーナと結婚し、三男三女をもうけました。
 1530年、ドイツ帝国議会はルター派を支持するプロテスタント諸侯とカトリック教会との和解を模索し、アウグスブルグで帝国議会を開催しました。しかし、有力な領邦の諸侯たちはマルティン・ルターを支持していました。そして、この時、マルティン・ルターと盟友のメランヒトンが『アウグスブルグ信仰告白』を皇帝に提出しました。これは最初の信仰宣言であり、以後、ルター派教会は、この信仰告白に基づいて形成されることとなりました。
 マルティン・ルターが意図した領邦教会(国家教会)という形態は、ザクセン選帝侯のフリードリッヒ三世を初めとする諸侯の協力を得て、順調に機能していくようになり、1534年には念願だった旧約聖書のドイツ語訳も完成させました。
 この領邦教会(国家教会)という形態は以後に西欧諸国の社会形成に大きな影響を与え、1530年前後にイギリスの国王ヘンリー八世は、1533年にイングランドが独立した「帝国」であることを宣言し、1534年に自らをイングランド国教会の長であるとしてローマ・カトリック教会から離脱して、国家=国家教会の形をとりました。北欧諸国もまた、マルティン・ルターの宗教改革を支持すると同時に、教会=国家という形態を取り、ローマ・カトリック教会の支配から離脱していきました。
 1806年まで存続した神聖ローマ帝国内(ドイツ)では、ローマ・カトリック教会とプロテスタント教会(ルター派・ルーテル教会)に分裂した状態が続きましたが、1538年の「アウグスブルグの和議」によって正式にプロテスタントの信仰が認められると共に、領邦教会を形成することによって領邦の独立性が強められ、これが後に(1618年)「三十年戦争」と呼ばれる事態にまで発展し、領邦の主権を認めるまでになっていきました。
 マルティン・ルターは、1546年に故郷アイスレーベンで生涯を閉じます。彼が少年期を過ごしたマンスフェルトの領主の家庭内の争いの調定に呼ばれたマルティン・ルターは、精力的に領内の各地での説教もしていきますが、この旅の途中で生誕地のアイスレーベンに立ち寄ったときに、発作を起こして死去しました。62歳と半年余の生涯でした。
 マルティン・ルターの宗教改革は元々は信仰のあり方の見直し、信仰改革が目的でした。「信仰のみ、聖書のみ、恵みのみ」にそのことは現されています。良くも悪くも マルティン・ルターの働きは教会のみならず、世界に大きな問いかけをし、ドイツ国内だけではなく、教会と社会が大きく変化していくきっかけになったのでした。

カテゴリ: マルティン・ルター、ルーテル教会

comment -- | trackback -- | edit

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。