04/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

comment -- | trackback -- | edit

PAGE TOP

マルティン・ルターの生涯② 

聖アウグスチノ修道会での修道院生活
02.jpg

 アウグスティヌスは五世紀に中世西欧社会の思想的基礎を築いた神学者で彼が作った会規に基づく修道会にマルティン・ルターは入ります。
 当時の修道会での生活は毎朝二時に起きて、まだ暗い深夜に最初の礼拝をし、瞑想をし、祈り、一日に六回の礼拝を繰り返す日々で、冬には暖房などもなく、清貧そのもので、個人の時間というものは全く無い生活でした。マルティン・ルターは、この修道生活も熱心に勤め、長い祈りもささげましたが、しかし、自分はそこで安息を得ることはできなかったと語っています。マルティン・ルターは、神の前に立つとあまりに小さく弱い自分を感じ、熱心に修道生活を励み、祈りをささげ、罪を悔い改めようとしても、ますます自分の弱さを感じざるを得ずに、どこにも慰めや恵みを見出すことができず、修道院の生活の中で自分の内面の葛藤が続きました。
 しかし、マルティン・ルターは、この修道生活の中で、十四世紀の神学者であり哲学者であったウィリアム・オッカムの「人間は信仰によってのみ、神学的真理に到達できる」という考えや「信仰と理性は矛盾せず、科学のみが神を存在論的必然とみなすことができるが、人間の理性は神の存在や魂の不滅性などを証明することができない。ただ神の啓示のみによって知られ、これを理性が知るのである」という考えに出会い、刺激されていくのです。
 マルティン・ルターの内的な葛藤は続いたままでしたが、彼は二十三歳で司祭となり、修道院での生活を続けながら創設されたウィッテンベルグ大学で哲学と神学の講座を担当するようになっていきます。そして、修道会の指示でローマまで旅行したりしましたが、彼の内的葛藤の解決の糸口を見出すことができないまま、ウィッテンベルグ大学で博士号を取得して、聖書注解講義を始めて行きます。こうして『ローマの信徒への手紙』の注解を始めた頃、マルティン・ルターはそこに示される「神の義」という概念に出会っていきます。それは、「人間は善行によってではなく、ただ『信仰のみ(sola fide)」によって、神から「義」とされ、それはまったく「神の恵みのみ(sola gratia)」によるものである』」との「義」の理解でした。マルティン・ルターは著書『ローマ書 序言』の中で、「信仰とは、神の恵みに対する、生きた大胆な信頼である」と語っていますが、人間の行為から神の恵みへの大転換がなされていくことと語ります。これが彼の神学の中心になります。人間の行為ではなく、キリストにおいて与えられる神の恵みへの大胆な信頼、それがルターの新しい始まりとなっていったのです。
これらのことをマルティン・ルターはウィッテンベルグ大学の学生寮の塔にある図書室で行なったことから「塔の体験」と呼ばれます。塔の階段を人間が一段ずつ下から昇って行くのではなく、塔頂から降ろされた神の恵みによって引き上げられていくこと、それがマルティン・ルターが見出したことだったのでしょう。

カテゴリ: マルティン・ルター、ルーテル教会

comment -- | trackback -- | edit

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。